06:31 2021年09月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 06
でフォローする

ポツダム気候影響研究所の科学者らは、世界の気温を1.5度レベルで抑制するとしたパリ協定の遵守はいずれにしてもすでに実現が非常に困難だと表明した。科学的研究報告が雑誌『Environmental Research Letters』に公表され、「Phys.org」に掲載されたプレスリリースでその中身が紹介された。

発表によれば、専門家が気候に関するシナリオ400例を分析し、そのうち世界の気温を1.5度未満に抑制できるのは50例だけだった。

研究者らは、この気温のリミット突破は世界的な気候のカオスと地球の危機的状況をいっそう招くことになると考えている。

大規模な植樹または大気中炭素の除去を含めた世界的温暖化の影響緩和に関する現実的オプションはわずか20シナリオしかない。しかし、こうした措置を完全に実行することは非常に困難であり、気温のリミット超過はほぼ避けられない。

研究者らは、パリ合意に則して1.5度レベルに世界的気温を制限するためには、人類は電気エネルギーの需要引下げ、または化石燃料の使用を止める必要があると強調する。同様に専門家らは、大気中の過剰な炭素を吸収する土地利用の改革が必要だと強調する。また、メタンガスの排出削減も求められる。これら3つの方向性は国際的レベルで必要な著しい努力を要求している。

専門家らによれば、1.5度レベルでの気温上昇の抑制は、全人類に安全な生態系の未来を保障するという点で非常に重要だという。

関連ニュース

タグ
気候変動, 研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント