10:21 2021年06月13日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

グーグルは2029年に向け商用量子コンピューターの開発に数十億ドルの支出を予定している。同コンピューターでは大量データの正確な計算が可能となる。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のインタビューで量子技術の主任研究員であるハルトムト・ネベン氏が同社の計画について語った。

報道によれば、商用量子コンピューターはミスなく大量の計算を実行できる。そのためにグーグルは100万量子ビットの機器の開発が必要となる。WSJによれば、現在、コンピューターのシステムは100キュービット弱だという。

量子コンピューターは多くのスペースを占めることになるが、しかし、人工知能(AI)や充電システム、さらにはエネルギー効率の高い肥料まで、多くの分野で有望視されている。

この間、グーグルは米カリフォルニア州サンタバーバラにある量子コンピューターの新たな研究センター「Quantum AI」を公表した。同センターには量子データセンターや量子プラント研究に関する研究所も位置する。

WSJは、現在、量子技術はすでにVisaやJPMorgan Chase & Co、またVolkswagenといった企業で活用されていると指摘した。

関連ニュース

タグ
Google
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント