05:35 2021年10月19日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

国際宇宙ステーション(ISS)に搭載されている米国製の水処理装置が、再び作動していることが分かった。米航空宇宙局(NASA)が明らかにした。

NASAは、地上スタッフとISSの乗組員との通信内容を放送した。米ヒューストンにあるミッション・コントロール・センターの専門家は20日の朝の放送で、「グッドニュースです。水処理装置が起動して水の処理を行っています。今のとこ滞りなく動いています」と述べている。

NASAは先週、ISSの米国モジュール「トランクウィリティー」に搭載されている水処理装置で漏れが発生した可能性があり、故障したと明らかにした。NASAの発表によると、飲料水の供給は数ヶ月間続く見込みで、この故障によりISSの乗組員に危機が及ぶことはない。また、宇宙飛行士が水処理装置の修理を開始したという。

関連ニュース

タグ
ISS, NASA, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント