12:11 2021年06月13日
テック&サイエンス
短縮 URL
認知症とアルツハイマー病 老年期に起こる脳の主な問題とは? (18)
0 10
でフォローする

米国の研究者らは、道路交通による大気汚染と、死の危険がある不治の病のアルツハイマー病を含めた認知症の進展リスクに大きな関係があると発表した。学術誌『Environmental Health Perspectives』に報告が掲載され、サイト「EurekAlert!」にプレスリリースが発表された。

実験の過程で研究者らは14ヶ月におよび雄と雌のラットにきれいな空気または汚染された空気をあびせ続けた。専門家らは野生型ラットと、ヒトの遺伝子に類似し、アルツハイマー病を進行させる遺伝子を持ったラットの2種を使用した。

マウスに対する実験は、神経病理学的変化および行動障害を含めた認知症発症の可能性に関する数値的な評価のため、3ヶ月と6ヶ月、10ヶ月、15ヶ月の期間で実施された。

道路交通によって汚染された空気は、リスク遺伝子を発現させるマウスだけでなく、野生型のマウスでもアルツハイマー病のバイオマーカーを増大させた。研究者らによれば、つまりこのことが、汚染された空気が実質的に高齢者の認知症進展を促進するおそれがあり、アルツハイマー病の発症数が世界中で増加している理由を説明しているという。

マウスの脳には超微小で硬質な粒子が確認されたが、PM2.5粒子とは異なり、その空気中のレベルは把握することができない。研究者らによれば、現行の基準は老齢者の脳に対する有害な影響を排除していないことから、これらを見直すことが必要だという。

新しい研究結果によれば、中年代の定期的な睡眠不足も、老後に認知症を発症させるリスクを高めることになる。

関連ニュース

トピック
認知症とアルツハイマー病 老年期に起こる脳の主な問題とは? (18)
タグ
科学研究, 病気, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント