18:05 2021年06月15日
テック&サイエンス

「安全な量など存在しない」:研究者らが脳に対するアルコールの有害な影響を警告

テック&サイエンス
短縮 URL
0 31
でフォローする

オックスフォード大学の研究者らは、アルコールは量に関係なく人間の神経系統の中心部を傷つけ、脳に影響を及ぼすと発表した。ガーディアンが報じた。

オックスフォード大学の研究者であるアーニャ・トピワラ氏は、「アルコール摂取が影響を及ぼさないとする基準値は存在せず、どんなアルコールのどんな量も有害だ」と指摘した。彼女は、以前考えられていたようにアルコールは脳の一部ではなく、全体に影響を及ぼすと強調した。

専門家らは、脳の灰白質の密度の低さはアルコールの摂取量に関連しているという結論に達した。また、アルコールにより飲酒者の灰白質の量は大幅に少なくなる。こうしたことから研究者らは、「飲む量の多い人は脳の活動が悪く」なると強調した。

研究者らは長い間、適度なアルコール摂取が人体に与える影響について論争している。一連の研究では、アルコール消費による肯定的な影響の存在が確認されているが、オックスフォード大学の研究者らはこうした結果には賛同していない。

関連ニュース

タグ
研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント