10:45 2021年09月22日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 21
でフォローする

22日、中国の火星探査車「祝融」がプラットフォームからの降下に成功し、火星の調査を開始した。中国企業「中国航天科技集団」が発表した。

探査機「天問1号」の構成の1部である探査車「祝融」は、5月15日に火星上のユートピア平原南部に軟着陸することに成功した

中国初となる火星研究用の宇宙探査機「天問1号」は、2020年7月23日に海南島の文昌衛星発射センターから打ち上げられた

同探査機の主なミッションの目的は、火星の生命の兆候の可能性を発見すること、また、将来的に同惑星の条件が変化し、人類の移住に適応できるようになるかの解明で科学者らをサポートすることにある。

関連ニュース

タグ
中国, 火星, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント