20:46 2021年08月03日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

ヴァージン・ギャラクティック社の宇宙旅行者向けの有人宇宙船「スペースシップツー」は5月22日に米ニューメキシコ州の宇宙空港「アメリカ」からの打上げ、飛行に成功した。その様子はYouTubeのNASAのチャンネルで生中継された。

スペースシップツーの今回のテスト飛行は2020年12月の着陸失敗以来、初めて行われた。ヴァージン・ギャラクティックの株は打上げの期日発表を受けて20%も値上がりしていた。

スペースシップツーは運搬用飛行機 VMS Eveによって上空13キロの地点まで上昇し、その後、フリープランに移った。ヴァージン・ギャラクティックによれば、スペースシップツーはVMS Eveから離れ、計画された高度にまで上昇し、遠地点に達した後、降下を開始した。その後、日本時間23日0時43分に無事地球に着陸している。

今回のテスト飛行では、スペースシップツーには2人のクルーが乗り込んでいた。ヴァージン・ギャラクティックは初の宇宙空間への発射を行う前に合わせて3度のテスト飛行を行う。

関連ニュース

タグ
NASA, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント