22:02 2021年06月14日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 21
でフォローする

死の間際にみられる身体の徴候について医師たちが説明した。Expressが報じた。

米国国立衛生研究所(NIH)のデータによると、病気の人や高齢者の死が近づいていることを示す複数の徴候がある。

1つ目は、呼吸困難。2つ目は、不安やうつの状態。また強い倦怠感や眠気、食欲不振も死期が迫っている兆候の可能性がある。

NIHはこれらの症状について、それぞれ個別には死期が近づいていることを示すものではないが、深刻な病気や健康状態が悪化している人にとっては人生の終わりを意味する可能性があると指摘している。

また、冷たい手足にも注意する必要がある。死の間際には、身体の特定の部分の色が、黒みがかったり青みがかったりすることがあるという。

先に世界保健機関(WHO)は、時間外労働は早死にのリスクだと警告した。

関連ニュース

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント