05:36 2021年09月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 14
でフォローする

ウェブブラウザのGoogle Chromeは、世界で最も人気のあるブラウザであることが分かった。

Atlas VPN社のチームは今回、世界中の様々なブラウザを利用するユーザー数を調査した。

その興味深い統計によると、約33億人がGoogle Chromeを使用しており、ブラウザのシェアで41%を占めるという。

世界で2番目に人気のあるブラウザは、Safari(9億4400万人)。Safariは、iPhoneなどのMac製品にデフォルトでインストールされており、Appleユーザーに積極的に利用されている。ユーザー数第3位は、Firefox。

4位につけたのは、Windowsの公式ブラウザであるMicrosoft Edgeで、ユーザー数は1億7100万人。5位にはSamsung Internet、6位にはOperaがランクインしている。

また、マイクロソフト社が時代遅れと判断し、Windowsでのサポート終了を目指しているInternet Explorerはランクインしていないことが分かった。

関連ニュース

タグ
Google, Windows, マイクロソフト, びっくり
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント