14:47 2021年09月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 32
でフォローする

英国のシェフィールド大学とオックスフォード大学の学者らは、新型コロナウイルスに感染し回復してから3カ月後の患者たちの肺に、持続的な損傷があることを発見した。学術誌Radiologyに、研究結果に関する論文が掲載された。

学者らによると、このような肺障害は、一般的なコンピュータ断層撮影(CTスキャン)やその他の診断方法では検出されないため、患者には通常、肺は正常だと伝えられるという。

学者らは研究で、超偏極キセノン磁気共鳴画像法(HP Xe MRI)を使用した。学者らは、HP Xe MRIのおかげで、新型コロナウイルスに感染し、退院してから3カ月、さらには9カ月後の複数の患者の肺の異常を特定することができた。

学者らは、他の臨床指標は正常を示していたと指摘している。通常のスキャンではわからない異常は、肺のすべての領域で血液の酸素化を妨げるという。

このような患者が、新型コロナウイルス感染症から完全に回復するまでにどれくらいの時間がかかるかは、今のところわかっていない。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 英国, 研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント