11:53 2021年06月13日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 19
でフォローする

グーグル職員は、スマートホンのユーザーが、自分の所在地データに関する情報を収集するためにプライバシー設定を見つけにくくなっていることを知っていた。裁判の資料を引用し、サイト「ビジネス・インサイダー」が報じた。

昨年、米国アリゾナ州の検察庁は、違法なデータ収集の疑いでグーグルを提訴した。メディアによれば、同社はジオロケーションに関して、この携帯電話の機能が切られている時でさえ、情報の入手を継続していた。また同社は、「故意に変造/または事実の隠蔽」を承認し、プライバシー設定をユーザーから「隠す」ようにメーカーに指示していた。

訴訟の報告によれば、同社はジオロケーションの判定のためにさまざまなサービスを活用しているが、それにはグーグルと提携のない、Wi-Fiや他のアプリも含まれている。

グーグルの広報担当者ホセ・カスタネダ氏はサイト「The Verge」に対し、アリゾナ州の検察総長マーク・ブルノビッチ氏と裁判に関係している競合他社は、全力を上げて「私たちの努力」を不当に特徴づけようと努めたと強調した。

関連ニュース

タグ
Google
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント