08:42 2021年06月16日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 11
でフォローする

Appleが画期的なAR(拡張現実)ガジェットの発売を準備している。技術インターネットサイト「AppleInsider」が、アナリストのミンチー・クオ氏が同社の投資家向けに発表したレポートを引用して報じた。

同アナリストは、Apple がAR(拡張現実)ヘッドセット用の部品のサプライチェーンを積極的に構築しており、その情報は以前から確認されているとの見解を示した。Appleの重要なパートナーの1つとして台湾のGeniusが上げられる。

Appleは、このヘッドセットのいくつかのバリエーションを開発している。ベーシックバージョンは、15個の内蔵カメラと2つのスクリーンを備えた通常のヘッドセットとされる。2つ目のより高度なガジェットはサングラスを想起させる。このガジェットでは、現実の風景にコンピューターグラフィックスを重ねる技術が使用される。

ミンチー・クオ氏によると、新製品は2022年の第2四半期の発表が予定される。同ヘッドセットの価格や技術的な詳細に関しては公表されていない。

バーチャル・リアリティ・ガジェットには需要が高まるあらゆるチャンスがある。

この間、フェイスブックの創業者であるマーク・ザッカーバーグ氏は、オフィスはまもなく過去の遺物となり、仮想現実や拡張現実に取って代わられるだろうと強調した。

関連ニュース

タグ
テクノ, Apple
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント