21:24 2021年06月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 00
でフォローする

英ガーディアン紙が伝えるところによれば、英国リバプールの生物学者らが行った調査では、地球温暖化によって、アフリカの大型類人猿が生息できる地域のほぼ90%が失われていることが分かった。

研究者グループは、アフリカのゴリラやチンパンジーは絶滅の危機にあると警鐘を鳴らしている。気候変動をめぐる危機全体は天然資源採掘による土地の破壊と合わせて、大型類人猿が生息するのに適した土地の85%、あるいは別の評価によれば94%が失われることになるという。しかも破壊された土地の半分が国立公園やアフリカの保護区域だとガーディアン紙は強調している。

ガーディアン紙によれば、研究者らは、気候的にサルが生息できる新たな地域も生まれていると指摘しながらも、サルたちがこの地域にうまく移動できるかは疑問だとしている。ほとんどの種のサルは、湿度が高く、緑が多い低地に暮らしているが、気候変動により、これらの土地では気温が高くなり、より乾燥するようになっているという。そしてサルたちがより快適に暮らせる場所は、大型類人猿がこれまで生息したことのない高地になるとされている。

地球温暖化によって、世界の海洋に、海洋生物が死滅してしまう「デッドゾーン」が生まれているという話題については、「スプートニク」の過去の記事よりお読みいただけます。

関連ニュース

 

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント