17:11 2021年06月23日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

中国は打上げロケット「長征2号(CZ-2D)」による衛星4基の軌道打上げに成功した。11日に中国中央テレビ(CCTV=中国中央電視台)が報じた。

ロケットの打上げは山西省の太原衛星発射センターから北京時間11時03分に行われた。今回、長征2号が運搬したのは衛星「北京3」、さらに小型衛星の「Hayesi-2)、「Yanwan-1」、「Taikun Shiyan-1)」の4基。

同テレビによると、「北京3」は商業用の地球観測衛星で、資源モニタリング、環境モニタリング、都市管理や防災に使用される予定。「Hayesi-2」は厦門大学(福建省)が所有・管理し、大陸棚および沿岸地域の生態学調査を目的としている。

「Yanwan-1」は中国企業の所有物で、小惑星の探索や研究に使用。「Taikun Shiyan-1」は航空宇宙技術大学が所有するもので、教育目的で使用されるという。

関連ニュース

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント