22:40 2021年07月28日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

英国のジャン・ピエール・ジャノン医師は、英紙デイリー・エクスプレスとのインタビューで、声でがんを発見する方法について説明している。

ジャノン氏によると、原因不明のしゃがれ声は甲状腺ガンの可能性がある。同氏は、こういった状態を無視してはいけないと強調している。

ジャノン氏は、「3週間たっても治らない場合は、医師に相談してほしい」とアドバイスしている。

しかし、一般的な細菌による感染でもしゃがれ声が出ることがあるという。

同氏は、喉仏付近にしこりがある、首のリンパ節が腫れている、飲み込みにくい、呼吸が苦しい、呼吸するときにヒューヒューと音が出る喘鳴(ぜんめい)などの症状にも注意するように呼びかけている。こういった症状の1つ1つが、甲状腺ガン発症の可能性があるという。

関連ニュース

タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント