19:30 2021年08月01日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

新型コロナウイルスの変異により、主な症状に複数の変化がみられている。インド型変異株は、消化器症状がより特徴的となっており、咳や発熱がみられることははるかに少ない。ロシア連邦消費者権利保護・福祉監督庁の疫学者、ナターリヤ・プシェニチナヤ氏が明らかにした。

プシェニチナヤ氏によると、インド型変異株に感染した場合、腹痛、食欲不振、嘔吐、吐き気、関節痛、難聴などの症状が出る可能性がある。

インドの医師らの証言によると、パンデミックの初期のころと比較して、下痢の症状が現れる患者が増え、足の微小血栓症も起こっており、これは壊疽の発症や指の切断などにつながる可能性があるという。

またプシェニチナヤ氏は外国の学者たちの報告を引用し、インド型変異株では発熱や咳の症状はあまりみられず、嗅覚の消失も稀だと指摘した。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント