02:19 2021年08月06日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 61
でフォローする

中国とロシアは、2026年に国際月科学研究ステーションの建設を開始し、2035年に完成させる予定。中国国家航天局(CNSA)の月探査プログラムの呉燕華副局長が、宇宙探査の国際会議「GLEX-2021」で発表した。

両国は、2026年から2030年にかけて、着陸技術や貨物輸送技術の向上、月の岩石サンプルの地球への輸送など2つのミッションを計画している。その後の2031年から2035年にかけて、月の軌道上と月面にインフラを展開する予定。

中国とロシアは、国際的で科学的な月面基地を建設するための準備段階として、6つのミッションの実施を計画している。今回の発表によると、両国は、それぞれミッションを3つずつ行うという。

これよりも前、ロシアと中国は国際月科学研究ステーションの建設について協力する合意を締結した。

関連ニュース

 

タグ
宇宙, ロシア, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント