20:33 2021年08月01日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

栄養士のマイケル・モーズリー氏は、英ラフバラー大学で、1時間の温浴で消費されるカロリーを測定する研究を実施した。結果、温浴は30分の早歩きに相当することがわかった。英タブロイド紙デイリー・エクスプレスが報じた。 

温浴により、30分のウォーキングと同じように、最大240カロリーを消費できる可能性があるという

ラフバラー大学の運動生理学者、スティーブ・フォークナー氏によると、医師らは1時間の入浴中にエネルギー消費量が80%増加したことを発見した。

フォークナー氏はこの効果について、熱ショックタンパク質(細胞が通常より高い温度に短時間さらされたときに形成される特殊なタンパク質)によるものだと説明した。

学者らは、長期的展望として、熱ショックタンパク質のレベルが上昇すると、血糖コントロールとインスリン産生が改善される可能性があると考えている。

関連ニュース

タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント