03:42 2021年08月06日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 41
でフォローする

オックスフォード大学の考古学者らが、サメに襲われた最古の犠牲者の遺骸を発見した。犠牲者の遺骸は約3000年前のものと見られる。人間に対するもっとも古いサメの襲撃の痕跡に関する論文が『Journal of Archeological Science: Report』に掲載された。

研究者らによれば、サメに襲われたのは成人男性で、この男性は紀元前1370年~1010年の縄文時代に日本で暮らしていた漁師で狩猟・採集民とされる。縄文時代は中・新石器時代に相当する。古代の日本人は、たとえば陶器作りのような進んだ技術を受け入れたが、しかし、長く伝統的な旧石器時代からの信奉を維持、つまり、狩猟と収集を行っていた。

専門家らに24番と指定された遺骸は、日本の瀬戸内海に近い津雲貝塚に埋葬されており、当地では今日でも海水浴者らがサメに襲われている。専門家らは遺骨にサメの歯による790ヶ所のギザギザした深い跡を発見した。

残念ながら男性はこうした深い外傷によって命を落とした。その後まもなく身体の大部分が発見され、津雲公営霊園に埋葬された。

関連ニュース

タグ
考古学, サメ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント