12:04 2021年07月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか (66)
0 20
でフォローする

がんの症状はさまざまな形で現れる可能性があるが、無視してはいけない15の症状がある。Expressが、医学事典「MSDマニュアル」を引用して伝えた。

がんの15の兆候として、原因不明の体重減少、疲労感、寝汗、食欲不振、持続的な痛みの発生、持続性の吐き気または嘔吐、血尿、血便、便秘または下痢、発熱、慢性の咳、ほくろの大きさや形の変化、リンパ節腫大、炎症の持続、大きさが変わる皮膚のできものが挙げられている。

早期発見できれば、それだけ完治の可能性が高くなるという。

Expressの記事では「幸いなことに、一般的にそれほど深刻ではない病気による症状がほとんどだ。しかし、がんの兆候はどれも無視してはいけない」と述べられている。

また記事では、世界の死因の1位はがんであり、男性は前立腺がん、肺がん、大腸がんまたは直腸がんが多く、女性は乳腺がん、肺がん、大腸がんまたは直腸がん、子どもは白血病、悪性リンパ腫または脳腫瘍が多いと指摘されている。

関連ニュース

トピック
がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか (66)
タグ
健康, ガン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント