07:36 2021年07月29日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 21
でフォローする

オーストラリアの研究者らによれば、慢性的なストレスはアルツハイマー病を進展させるおそれがある。研究者らは神経変性症に影響するストレスの主たる遺伝的要因を確認した。研究結果が雑誌『Biological Reviews』に発表された。

オーストラリアのカーティン大学医学イノベーション研究所のデビット・グロス氏が指揮する研究者らが、視床下部-下垂体-副腎系(HPA系)といった主要な神経内分泌システムに影響を与える生態学的および遺伝的要因の調査を行った。このシステムは身体内の多くのプロセスを調整し、同様にストレスに対する反応を管理する。

研究者らによれば、HPA系および他の器官におけるストレスの遺伝的要因は、脳の免疫システム機能に影響を与えるおそれがあるという。たとえば、慢性的なストレスのように、異常が普通の状態となった場合、認知症のリスクは増加し、アルツハイマー症を進展させる可能性がある。

研究者らは、彼らの発見は、ストレスを管理する糖質コルチコイドの摂取にもとづく新しい勧告に貢献すると考えており、最終的に国民の中でアルツハイマー症が広まるリスクを引き下げるのに役立つと見ている。

関連ニュース

タグ
科学, オーストラリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント