18:20 2021年10月19日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 04
でフォローする

最も危険なウイルスとされるニパウイルスが、インドのマハーラーシュトラ州のコウモリから発見された。インド国立ウイルス研究所が、学術誌「感染と公衆衛生ジャーナル」のプレプリントで発表した。

コロナウイルス
© 写真 : Public domain / CDC/ Alissa Eckert, MS; Dan Higgins, MAM
ニパウイルスはコウモリやキツネによく見られ、世界保健機関(WHO)は世界で最も危険なウイルスの1つとしている。このウイルスは通常、感染した動物の唾液がついた果物をヒトが食べることで感染する。現在、このウイルスの治療法やワクチンはなく、致死率は40〜75%とされている。

ニパウイルスは、インドでは2001年に初めて報告された。その後は2007年にも報告され、2018年と2019年には同国南部のケララ州で発見されている。

同研究所の専門家は、今回の発見ではコウモリのサンプルが少なかったため、結論を出すことができず、さらなる調査が必要だと述べている。

関連ニュース

タグ
WHO, インド
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント