01:36 2021年08月06日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 22
でフォローする

富士通のスーパーコンピューター「富岳」が、28日に発表された計算速度ランキング「TOP500」で再び1位となった。

「TOP500」のウェブサイトには「日本のスーパーコンピューター『富岳』はランキング首位を維持した」とある。

「富岳」の計算速度は1秒間に44・2京回で、2位につけた米国オークリッジ国立研究所のスーパーコンピューター「Summit」の約3倍。「Summit」は2019年に1位を獲得している。

3位は米国ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の「Sierra」。

日本の理化学研究所にある世界最速のスーパーコンピューター「富岳」は3月、本格稼働を開始した。新型コロナウイルス研究でも力を発揮している。

関連ニュース

タグ
コンピューター, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント