23:06 2021年07月28日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

建物の耐震性を増強する粘弾性素材が、ロシアのヴァトカ国立大学の研究者らによって開発された。この素材は、マドリード工科大学(スペイン)でのテストに合格し、専門家から高い評価を得たという。ヴァトカ国立大学がプレスリリースで発表した。

世界中の研究者が、建物や構造物を地震の被害から守る効果的な方法を模索しており、ここ数十年間で、受動的エネルギー散逸に基づいたアプローチが開発されてきた。

ヴァトカ国立大学の建築・機械構造学科のユーリー・ユルキン学科長は、そのアプローチを元に剛性、弾性、機械的損失の大きい接触角を備えた素材を開発した。

この素材が類似の素材と大きく異なる点は、自己拡張性があること。ユルキン氏によると、この特性により独自の開発が可能になったという。

マドリード工科大学で行われたテストでは、ユルキン氏らが開発した新素材の効果が確認され、耐震性が認められたという。

関連ニュース

タグ
被害, 地震, 研究, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント