19:56 2021年07月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

米ベセスダにある国立衛生研究所傘下の国立精神衛生研究所の研究者らは、初期の経験がより強く気分に影響を与えると発表した。

当初、研究者らは、ゲームの開始時の経験はその後のものより優先されるというコンセプトにもとづくコンピューターモデルを開発した。その後、彼らは、後期の経験が気持ちにより強く影響するという別の考えをベースとしたモデルと比較を行った。

さらに研究者らは、人々の反応との比較を実施した。そのために彼らは、健康な人とうつ状態の人の成人ボランティアグループを集め、少額をかけたギャンブルを行ってもらった。参加者らはゲームの最中に何度か自分の気分を記録しなければならなかった。

別の実験用に研究者らは未成年者のボランティアを募った。彼らにも同じようにゲームをしてもらったが、ゲーム中にMRIを使って脳の活性を測定した。その作業の詳細が雑誌『eLife』で発表された。

実験結果によれば、早期の出来事は未成年者および成人の気分により強く影響を与えた。うつ状態の人とそうでない人でもほとんど同じだった。研究の測定値は、早期の経験は前頭葉部に「記憶」され、それは気分に関連し、その後の出来事とは区別されることを示した。

研究者らは、この結論は、人々を支え、特に心理的および精神疾患の援助を提供する専門家をサポートするのに役立つと強調する。それはこの研究が、どのように良い経験と悪い経験が治療と患者の関係に影響しているかを示したためだ。

また、研究結果は、初期の作業での否定的な経験がその後の課題の遂行になぜ影響するのかを説明する力となる。しかし、この反応をさらに理解するには、補足的な研究が必要とされる。

関連ニュース

タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント