18:31 2021年08月01日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

Windows 11は、現在、特定のコンピューターだけに搭載されているAMD Zen 2やQualcomm 7、同8シリーズといったインテルの第8世代のプロセッサーが設備されたパソコンで機能する。サイト「The Verge」が報じた。

また、以前、MicrosoftはこれまでのWindowsのバージョン向けにこうした高い要求事項を設定していなかった。Windows 8 およびWindows 10用に、ユーザーは周波数1ギガヘルツ(1 GHz)のプロセッサーを備え付けたパソコンだけを所有しなければならなかったが、この機能で十分だった。

同社自体は、強力なプロセッサーは、Secure Boot やTPM 2.0といった機能を有するBIOSの新しいバージョンのサポートにおける高い安全と信頼、機能を保障する上で必要であると強調する。これはすべてマルウェアによるパソコンの感染を60%低下させることができる。

しかし、このためには最新設備が必要となるが、それはすべてに備わっていないことは明らかだ。

Microsoftのオフィシャルサイトでは、Intelの第7世代とAMD Zen 1をベースとした機器のテストが予定されていると発表がされた。これらは新しいOS向けの最小要件に適応することができる。

また、サイト「The Verge」は、Microsoftは同様に、Intelの第6世代とAMD pre-Zenで機能しているパソコンはWindows 11の要件を満たしていないと述べたが、後にこの情報は公式発表から削除されたと指摘した

こうした中でわずか3年前に発表されたコンピューターは、Windows 11の移行で問題に直面することになる。しかし、現在、Windows 11と互換性のあるパソコンのおおよその数に関しては正確な情報はなく、多くのパソコンの専門家らは、既存のプラットフォームの大部分がそれでも新しいオペレーションシステムのWindows 11で機能が可能と予想している。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント