11:21 2021年07月25日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

ロシア管理栄養士協会のメンバーである栄養士のアンナ・ベロウソワ氏は、元気が出る食品を紹介している。

ベロウソワ氏によると、通常やる気や元気を出すためにコーヒーを口にすることが多いが、柑橘系のジョースも有効だという。同氏は、「原理的には、ほとんどの果実やベリー類がこの性質を持っている。例えば、チェリー、さくらんぼなどの甘酸っぱいベリー類。また、イチゴやブラックカラントなど赤や濃い青色のベリー類も有効だ」と述べている。

さらに同氏によると、ナス、新タマネギ、ニンニクなどの野菜も神経を刺激する。野菜の中には、生の状態でのみ元気が得られ、加熱処理すると性質が変わるものがある。同氏は、「生のにんじんを食べれば元気がでるし、熱処理したものを摂取すると気を静める効果がある」と説明している。

関連ニュース

タグ
コーヒー, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント