21:10 2021年07月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

G.V.プレハーノフ記念ロシア経済大学の人工知能・ニューロテクノロジー・ビジネス分析研究所の研究員、ヴィタリー・クラシコフ氏が、夏場にスマートフォンを使用する上で気をつけるべきポイントについて語った。

クラシコフ氏によると、スマートフォンは、落下したり、水や砂が入り込んだり、また高温によって故障する危険性がある。

推奨されるバッテリーの動作温度が0〜25度の場合、温度が30度を超えるとスマホが過熱する可能性がある。ビーチで休んだり、外を散歩したり、車内にいたり、または窓辺で運動しているときなどに日光にさらされると、温度が過度に上昇する可能性がある。これによって爆発することはおそらくないが、スマホが故障してしまう可能性がある。

またクラシコフ氏は、ビーチではスマホに水や砂が入り込む危険性があると指摘している。電気製品を水や砂に触れさせてはいけないことを忘れてはならない。

またスマホは雨にぬれても故障する可能性がある。そのため、使用上の注意事項を守り、慎重に取り扱う必要がある。

関連ニュース

タグ
テクノ, スマホ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント