20:03 2021年08月01日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

中国の上海で17日、建築面積が世界最大のプラネタリウムの開館式が行われる。プラネタリウムが5日、発表した。

プラネタリウムは上海市にあり、その建築面積は約5万8600平方メートル。同プラネタリウムは、上海科学技術館の分館。

プラネタリウムには、ドーム型スクリーンで8Kの超高精細映像が楽しめるシアターや、さまざまなテーマの展示ゾーンがある。展示ゾーンには、月、火星、ベスタなどから地球に落下した約70個の珍しい隕石や、アイザック・ニュートン、ガリレオ・ガリレイ、ヨハネス・ケプラーなどの学者たちのオリジナル作品を含む120以上のアーティファクトのコレクションなどが展示される。

またプラネタリウムでは、データ視覚化、拡張現実および仮想現実、生体認証、人工知能などの技術も使用される

5日、プラネタリウムではテスト作業が始まった。また同日、公式ウェブサイトとWeChatアカウントが始動した。プラネタリムは7月18日から一般公開される。

関連ニュース

タグ
宇宙, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント