22:05 2021年07月28日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 12
でフォローする

インターネット上に研究者らが宇宙の軌道上で行った最新の実験に関する情報が登場した。国際宇宙ステーション(ISS)で研究者らは、酵母「Saccharomyces cerevisiae」の遺伝子に、二重鎖切断を加えた。

専門家らによれば、同様の実験は、宇宙環境がDNA再生とそこでの変異種の導入の過程にどのように影響するか理解するために必要だという。科学誌『PLoS One』によれば、特にこうした研究は、身体が高レベルの放射能にいかに反応するかについて解明する力となる可能性があるという。

生物が宇宙空間に滞在する場合、深刻な影響の懸念の一つとして高レベルの放射線が上げられる。地上では大気が電離放射線を防御しているが、その範囲の外に出ることは危険といえる。電離放射線はマクロ分子にダメージを与えるが、それにはDNAに二重鎖切断を引き起こす可能性も含まれる。こうした損傷は細胞にとって非常に危険であり、腫瘍疾患や遺伝性変異種を引き起こす可能性がある。そのため、科学界はそれらについて、また、宇宙空間でそれらの影響がどのくらい増大する可能性があるのかについて解明する必要がある。


関連ニュース

タグ
宇宙飛行士, ISS, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント