14:37 2021年07月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

ロシアの医学学士で消化器の医師、オクサーナ・レヴィナ氏は、ラジオ局「ガヴァリット・モスクワ」の番組で、鎮痛剤を頻繁に服用すると胃の防御力が低下し、潰瘍の発生を促進すると警告した。

レヴィナ氏によると、鎮痛剤はヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)とは無関係の潰瘍の15%を引き起こしており、鎮痛剤の自由販売の増加に伴って潰瘍と診断される人が増えているとする統計があるという。

レヴィナ氏は、痛みを和らげたり、炎症を抑えるための薬はどれも結果として胃の防御力、特に潰瘍の発生に対する防御力を弱めると語った。

先にスプートニクは、薬を使わずに頭痛を和らげるための専門家らのアドバイスについて伝えた。

関連ニュース

タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント