13:09 2021年07月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 14
でフォローする

世界保健機関(WHO)は12日に発表したヒトゲノム編集についての各国政府への進言の中で、これが病気治療の計り知れないポテンシャルを持つ一方で、その使用は安全かつ有効、倫理的に行われねばならないと指摘した。

「ヒトゲノム編集は治癒能力を高めるためのポテンシャルを持つ。ただし、これはが国と国の間の、また国の中の不平等格差を広げるためではなく、あらゆる市民の幸福のために使われてこそ、初めて完全な効果を発する」WHOのテドロス事務局長はこう語った。

WHOの進言の中では、ヒトゲノム編集が持つとされる長所は、よりスピーディーで正確な診断、遺伝病の治療と予防ができることと指摘されている。

一方で受精胚や遺伝性のゲノムの編集には、胎児のゲノムに加えた変更が遺伝する恐れがあるなど一定のリスクが存在する。

関連ニュース

タグ
WHO
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント