22:24 2021年07月29日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

Apple社がiPhone 12向けに磁気で接続できる初の外付けオフィシャルバッテリーMagSafeをリリースした。同バッテリーはメーカーのサイトで発表された。

バッテリーMagSafeの充電容量は最大20W。バッテリー自体はiPhone 12に最大15Wまで充電が可能だが、それは同バッテリーがアダプターに接続している場合に限る。MagSafeが単独でiPhoneに充電できる容量は5Wとなる。

同バッテリーのパッケージには充電器やケーブルは含まれない。バッテリー容量は約1460mAhとなり、iPhone 12 miniの充電を完了するには十分といえる。

日本では外付けバッテリーの価格は1万1800円が予定され、まもなく購入ができるようになる。比較として、数倍の容量をもちワイヤレス充電の同様のデバイスは3000ルーブル(約4500円)で購入が可能。

関連ニュース

タグ
iPhone, Apple
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント