16:55 2021年10月19日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 11
でフォローする

Apple社は来年2022年のWWDC(世界開発者会議)フォーラムで初のAR(拡張現実)眼鏡「Apple Glass AR」を発表する。有名なテクノインサイダーのロバート・スコブル氏が発表した。AR眼鏡の性能の詳細が明らかにされている。

Apple Glass ARは、独自のディスプレイとLidar技術を搭載したARヘッドセットとなる。同社はこの眼鏡のために専用のソフトウェアを開発する。Apple Glass ARは来年発売の次世代iPodに搭載される。音楽を聴く際にバーチャルリアリティ効果を追加する新機能を備えている。

Apple Glass ARの発売時期については、先にアナリストのミン・チ・クオ氏が次回の開発者会議「WWDC」が開催される2022年夏までに行われると予想を表していたが、スコブル氏も同様の見解をもっている。

関連ニュース

タグ
Apple, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント