20:53 2021年07月29日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

「Alder Lake-S」と呼ばれるインテルの次世代プロセッサーに関する情報が、中国の消息筋によって明らかになった。

パソコンのハードウェアやリーク情報を発信する「Videocardz」によると、今回明らかになったのは、デスクトップ向けのインテルのプロセッサー「Core i9-12900K」、「Core i7-12700K」、「Core i5-12600K」の3モデル。これらのモデルには、高性能でエネルギー効率に優れた複数のコアが搭載される。プロセッサーの電力上限は228ワット。

「Core i9-12900K」には8コアが搭載され、最大5.3ギガヘルツで作動する。「Core i7-12700K」はビッグコア(8コア)とスモールコア(4コア)の構成で、ブースト時の周波数は5ギガヘルツ。最後の「Core i5-12600K」はビッグコア(6コア)とスモールコア(4コア)の構成で、ビックコアのブースト時の周波数は最大で4.9ギガヘルツ。

関連ニュース

タグ
テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント