00:15 2021年09月27日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

情報セキュリティーを専門とするBitdefender社は、ライセンス取得されていない不正規品のゲームソフトをインストールすることでコンピュータを危険に曝すモザイクローダーという新たなウイルスを発見したと明らかにした。

新たなウイルスは、破壊されたゲームのファイルを通じて被害者のコンピュータに入り込む。モザイクローダーはその複雑な構造で、これまでのウイルスとは異なっているという。ウイルスは別のプログラムにうまくなりすますことができるため、検出するのが非常に難しく、ウイルスは自動的に特定のファイルを「削除」に追加することで、Windowsの「保護機能」をすり抜け、特殊なソフトウェアからは検出されなくなるという。

Bitdefender社によると、モザイクローダーは、システムに侵入したあと、コンピュータと内部に保存されたデータにあらゆる害を及ぼす。ウイルスはソーシャルネットワークのアカウントのパスワードを盗むだけでなく、コンピュータ内にあるユーザーの連絡先に有害なURLやファイルを送信させる。その内容は一般的なトロイの木馬ウイルスからクリプトマイナーまで様々で、モザイクローダーは仮想通貨を勝手にマイニングさせ、コンピュータの速度を著しく低下させるとも指摘されている。

専門家らによれば、どのウイルス対策ソフトもモザイクローダーからコンピュータを完全に保護することはできない。ウイルスの被害を受けないようにするには、不正規品を使用しないようにすることだけだとのこと。

ウイルス対策ソフト「アバスト」が、サイバー犯罪者がゲームの海賊版を使って、感染したコンピュータに仮想通貨を採掘させていることを突き止めたというニュースは、「スプートニク」の過去の記事よりお読みいただけます。

関連ニュース

タグ
仮想通貨・暗号通貨, ハッカー, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント