10:00 2021年09月27日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

米国のNASA(航空宇宙局)とイーロン・マスク氏率いる宇宙企業スペースXが木星の衛星「エウロパ」の探査において協力する。NASAのウェブサイトで発表された。

スペースX開発の大型ロケット「ファルコンヘビー」は木星の衛星「エウロパ」のNASA探査機「エウロパ・クリッパー」を運搬することになった。

「エウロパ・クリッパー」ミッションは2024年10月に米フロリダ州ケネディ宇宙センターから打上げ予定

探査機「エウロパ・クリッパー」は「エウロパ」に生活に適した環境があるか同衛星を調査する。

研究者らによると、衛星「エウロパ」は太陽系において地球外生命体が存在するかどうか、その可能性の筆頭候補であるという。

衛星の核部分は100キロメートルにもおよび、その下に液状海洋があり、原始的な微生物が存在する可能性があるとみられている。

関連ニュース

タグ
宇宙, 衛星, 米国, NASA
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント