16:46 2021年09月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 11
でフォローする

英国の研究者らがCOVID-19の感染の初期症状と英国で承認されている4種のワクチンの副反応を比較分析した。その結果はmedRxiv.org.に掲載された。

研究が最も注視していたのは英国が承認した1種類のワクチン。そのうちファイザーとモデルナのワクチンは伝令RNAワクチンで、アストラゼネカとヤンセンファーマはアデノウィルスのベクターを使用している。

分析の結果、ワクチン接種後でもCOVID-19の感染の初期症状としてみられるのが頭痛、筋肉痛、発熱で、これはワクチンを接種した人の76%にみられたことがわかった。年齢が若くなるとこれよりも多い、83%の人が接種後に同じ症状に悩まされていた。

ワクチン接種と実際の感染の間の症状の違いは、ワクチンの場合、3日後にこれらの症状は消えるものの、感染した場合は逆に症状が重症化しはじめ、感染7日目にピークに達する。また感染した場合はのどの痛みもますます悪化し、くしゃみや声がれが始まる。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, 英国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント