04:46 2021年09月27日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

欧州委員会の共同研究センター(JRC)が公式サイトで発表した最新のレポートでは、孤独を感じる人の数の増加が報告されている。

JRCの調べによれば、EU圏では4人に1人が孤独を感じている。

2016年はEU圏で孤独を感じると答えた人は12%だったが、今やこの数値はあらゆる年齢カテゴリーで2倍に増え、18-35歳の年齢層では4倍にまで膨れ上がった。

共同研究センターは、孤独の問題は今、年齢の違い、男女、都市部、農村部の別に関わらずほぼ同等に存在しているという帰結を結んでいる。

関連ニュース

タグ
研究, 欧州
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント