02:42 2021年09月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモスの科学技術評議会は、国際宇宙ステーション(ISS)に代わる新たな軌道上宇宙ステーションを建設することを決定した。

ロスコスモスは「地球近傍における継続的な宇宙インフラ開発の停止を防ぐため、低軌道上に国家有人宇宙複合施設のロシア軌道サービスステーションをつくることが提案されている」と発表した。

ステーションは2028年までに稼働を開始する計画。

ロスコスモスは29日、実験棟「ナウカ」がISSとのドッキングに成功したと発表した。

関連ニュース

タグ
ロスコスモス, ロシア, 宇宙, ISS
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント