20:06 2021年09月21日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01
でフォローする

65歳以上の運動機能低下は、死が近いことを示唆している可能性がある。学術誌「The BMJ」に研究結果が掲載された。

この研究は20世紀末に始まったもので、今回は2007年から2016年にかけ、被験者の運動機能の評価が3回行われた。調査では被験者の歩く速度、椅子から立ち上がる所要時間、握力、また着替えや調理など日常生活の困難などがチェックされた。

専門家のまとめでは、歩行に困難を感じる場合の死亡リスクは22%高まり、握力に問題がある場合は15%増、椅子から立ち上がる際の困難は14%増、また日常生活全般に困難を感じた場合には30%増になるという。

関連ニュース

タグ
健康, 研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント