03:13 2021年09月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

禁止されている写真をiPhoneとiPadで検索するAppleの新技術をめぐり、懸念するユーザーらがアップルに公開書簡を送った。この新技術は、プライバシーの原則を損なうと指摘された。

公開書簡の執筆者らは、アップルは長年にわたり定評のある自社の個人情報保護システムに脅威を与えていると考えている

iCloudやiMessageのスキャン機能で発表されている暗号アルゴリズムは、ユーザーのメッセージやコンテンツをリアルタイムで制御するツールを取得する政府の検閲など、別の目的のためにも使用することができると懸念されている。

公開書簡には、人権団体を含む5000以上の団体や個人が署名しており、アップルに対してシステムの展開を取り消すよう求めている。

ユーザーデバイスで写真をスキャンするアップルの技術が明らかになったのは、8月初旬。アップルは、これが子どもに対する性的虐待との闘いに役立つと考えている。この新技術は、米国ではiOSとiPadOSの秋の大型アップデート後に機能する。

関連ニュース

タグ
iPhone, Apple
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント