23:38 2021年09月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

米メアリー・ハーディン大学ベイラー校の研究者らが、水泳のトレーニングは脳の認知機能に好影響を与え、人の気分や免疫反応、記憶力を向上させるとの研究結果をまとめた。

マウスの遺伝学的および解剖学的モデルを人間と対比するため、マウスを使った実験が実施された。毎日、マウスはおよそ1時間の水泳を行い、その後、マウスは記憶トレーニングのために迷路に入れられた。

こうしたトレーニングを7日間実施した後、マウスは迷路を通過する際に徐々にミスが少なくなり、短期的・長期的に記憶が改善するのが確認された。

その結果、水泳は海馬の炎症プロセスを抑制し、同様に細胞死を予防すると推測された。同時に、老化による認知機能への影響が低下するとサイト「The Conversation」では指摘がされている

また、水泳のトレーニングは、ストレスによる損傷の回復と脳の神経伝達を改善するのに役立つ。

関連ニュース

タグ
水泳, 研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント