11:00 2021年09月27日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01
でフォローする

米調査会社ストラテジー・アナリティクスによると、5G対応Androidスマートフォン市場で、中国のXiaomi(シャオミ)がトップに立った。上位3位すべてを中国メーカーが独占した。

ストラテジー・アナリティクスによると、Xiaomiは2021年第2四半期、5G対応スマートフォンを市場に2430万台出荷し、25.7%のシェアを獲得した。

2位は、18.5%のシェアを獲得した中国のVivo(ヴィーヴォ)、3位は17.9%のシェアを獲得した同じく中国のOppo(オッポ)。韓国のサムスンは15.6%のシェアで4位に転落した。 

ストラテジー・アナリティクスのディレクター、ケン・ハイヤー氏は、Xiaomiについて、現在、新しい通信規格の5G(第5世代移動通信システム)対応スマホの主要メーカーと呼ぶことができると述べている。 

一方、同セグメントに君臨しているのは中国のHuawei(ファーウェイ)で、同社は5Gデバイスを市場に出してから絶対的なリーダーであり続けているという。

関連ニュース

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント