02:55 2021年09月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

米アリゾナ大学の研究者らは、炭水化物を多く含み、手軽に食べられる食品と体重増加の関連性を否定している。この研究論文は、学術誌「Advances in Nutrition」に掲載されている。

研究者らによると、グリセミック指数の高い食品(炭水化物を多く含み、手軽に食べられる食品)は、体重に影響を与えないという。これらの食品には、パンや米、蜂蜜、ジャガイモなどが含まれる。また、グリセミック指数の低い食品には、小豆、野菜、ワイルドライスなどがある。

研究者らによると、グリセミック指数の高い食品を食べている人は肥満になりにくい。これらの食品を適切に摂取していれば、健康的な体重を維持でき、様々な病気のリスクを減らすことに役立つ。

そのため研究者らは、炭水化物、特に全粒穀物の食品を幅広く摂取するバランスのとれた食事をすることを薦めている。

関連ニュース

タグ
ダイエット, 研究, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント