00:08 2021年09月21日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

ニューヨーク大学の研究で、 話し相手がいる高齢者は知能の低下を遅らせることができることが明らかになった。 研究成果は米国医師会が発行するオープンアクセス医学雑誌 JAMA Network Openに掲載されている。

この研究によって、高齢者は社会的交流や友人らとの交流を持つことで、認知能力の回復力(年齢相応以上の優れた機能を発揮する脳の能力を示す指標)が高まることが示された。

関連ニュース

タグ
研究, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント