14:16 2021年09月18日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

NASAは「アルテミス計画」の一環として、月の微小重力下でレゴリス(月面の堆積層)からのプリントが可能な3Dプリンターを国際宇宙ステーション(ISS)に送り届けた。天文学ニュースサイト「ユニバース・トゥデイ」が報じている。

3Dプリンターは米ノースロップ・グラマン社のシグナス補給船によってステーションに届けられ、Redwire Regolith Print(RRP)と命名された。RRPはステーションにすでに設置されているプリンターシステム「ManD」と連動して動作する。

ステーションのクルーは出来上がった素材の強度をASTM基準(Additive Manufacturing Technology Standard)に基づいて測定し、地球外の厳しい環境への耐性を確認する。

実験が成功すれば、月などの宇宙空間で必要なものはRRPによって現場で印刷、製作することができ、地球からの貨物量は減らすことができる。

関連ニュース

タグ
NASA, テクノ, 宇宙, ISS
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント