21:07 2021年09月24日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01
でフォローする

日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、2024年に火星の衛星「フォボス」に向け探査機を打ち上げると発表した。探査機打ち上げは同衛星の砂を最大10グラム採取ことを目的とする。

NHKの報道によれば、探査機打ち上げプロジェクト「MMX」はJAXA中心に取り組まれており、2024年に打ち上げられ、2029年に帰還することが予定される。

プロジェクト「はやぶさ2」では5グラムの小惑星の砂が採取されたが、今回はその2倍の10グラムが目標として設定された。JAXAによれば、採取された砂の分析を行い、火星に存在したかもしれない生命の痕跡を調査する他、同衛星の起源などについても研究を行うという。

関連ニュース

タグ
JAXA, 日本, 宇宙, 火星
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント