20:01 2021年09月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 02
でフォローする

米電気自動車メーカー「テスラ」は、人型ロボット「テスラ・ボット」のプロトタイプを2022年に完成させると発表した。テスラ専門のニュースサイト「テスララティ」が伝えている。

このロボットの顔は、有益な情報を表示するスクリーンになるという。手足は40個のアクチュエーターによって制御され、バランスと動きはフォースフィードバックで実現される。

このロボットには、すでにテスラの自動車に搭載されている人工知能(AI)デバイスの一部やカメラが使用される。

テスラの創設者であるイーロン・マスク氏は、このロボットは買い物に行ったり、様々なものを取ってきたり、その他の日常的な事柄を実行することができるため、日常生活にも役に立つと断言している

マスク氏は、「ロボットが人のために人をつくるのだ。このロボットはユーザーに対してフレンドリーで、危険で単調で退屈な作業から解放してくれるようになるだろう」と語っている。

関連ニュース

タグ
イーロン・マスク, Tesla
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント