13:51 2021年09月18日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01
でフォローする

フェイスブックの創業者であるマーク・ザッカーバーグ氏が、バーチャル会議室「Horizon Workrooms」の立ち上げを発表した。米ビジネスインサイダーが伝えている。「Horizon Workrooms」とは、社員がバーチャルリアリティで会議を行うワークスペースのこと。

フェイスブックは、プレスリリースの冒頭で以下のように述べている。

「在宅勤務も十分な接続ツールがあってこそ仕事が成り立ち、まだまだ課題は山積みです。周囲に同僚がいない環境で仕事をすることは、時には孤独感を感じることもあり、他の人たちとのブレインストーミングも物理的に同じ部屋にいる場合とリモートで行う場合とでは、感じ方が違うでしょう」

フェイスブックが開発したVRゴーグル「Oculus Quest 2」を使用すると、ユーザーは仕事用のパソコンでアバターを作成でき、「Horizon Workrooms」で同僚と交流できるようになる。このソリューションを利用すれば、社員はリモートワーク環境下で連絡を取りやすくなるという。

以前、米コンピューターゲーム開発企業の「Valve」は、プレーヤーのエモーションを読み取り、新たなエモーションを作り出すデバイスを開発していると発表した。

関連ニュース

タグ
マーク・ザッカーバーグ, facebook
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント